クリルオイルサプリ※効果で選ぶランキングサイト

クリルオイルの成分に含まれていますDHAには、脳を活性化してくれる栄養素があるとよく知られております。このDHAは人間での脳の中でもっとも多いのが脂肪酸になり、とくに記憶をつかさどっている海馬という場所に多く存在しております。

 

脳には血液中に要らない有害物質が入らないようにするフィルターのようなものがあって、勝手に有害物質が入らないようにチェックしているのです。EPAやDHAでは同じような働きをしている点もあり、同じ成分として捉えられることも多いのですが、DHA自体はその脳への血液フィルターに入れる数少ない物質なのです。ちなみにEPAでは血液フィルターには入れないのです。

 

この血液フィルターを通過したDHAは、神経の物質質量を増やしてくれて情報伝達での能力をアップさせる働きをしてくれるのです。また脳での神経細胞を柔らかくしてくれる働きがあって、脳の神経細胞が柔らかくなると神経細胞での働きがよくなっていきます。こういった働きで、記憶力や学習能力、判断力や集中力が高まるのではないかと考えられています。DHAにはEPAと同じように赤血球の柔軟性を高めてくれる働きがあるので、血流を改善してくれて脳への血液のめぐりもよくしてくれる効果があるのです。

 

脳への活性化させてくれる働きをもっているDHAですが、このDHAが反対に不足してしまうと記憶力や集中力に影響が出てしまうといわれております。とくには情報伝達の役割をしてくれているシナプスという部分でDHAが不足してしまうと、脳への情報伝達がスムーズに行えなくなるので記憶力が低下してしまうと考えられているのです。

 

年齢に伴って脳での記憶力や認知機能が衰えていく事が多くなっていくのですがこのDHAを含んでいるオメガ3脂肪酸を摂る事により、高齢者の認知障害を予防してくれたり遅くしたり改善していくといった研究結果も認められているのです。記憶力を維持してくれて、認知症でのリスクを減らしていくためにも、このオメガ3脂肪酸での摂取が薦められている証拠なのです。クリルオイルがこのオメガ3脂肪酸を体内にうまく吸収させてくれるのです。

 

 

ただ皆さん懸念されるのが、サプリでは副作用はないかという問題について説明させて頂きます。このクリルオイルでの副作用は、きちんとサプリメントに含まれているような適正量での摂取を守っていれば副作用はないとされております。

 

このクリルオイルでの働きが期待できるとされる成分は、DHA・EPA、アスタキサンチンであってこれらでの栄養成分での副作用は特にはないとされているのです。ただDHAを過剰にも摂取した場合には、下痢や吐き気、出血、鼻血が止まりにくくって血液が低くなったりなどが見られるケースがあります。

 

これらの成分ではめぐりをよくしてくれる働きを持っているので、病気などで血圧を下げてくれる薬で飲んでいる最中であったり、血栓予防するための薬を飲んでいるケースでは、このクリルオイルでの摂取をしてもいいのかという医師への相談が必要になってきます。

 

クリルオイル自体での成分は貴重なものであり、セプリメントなどでの摂取できる量であってもわずかな量であるので、日常での摂取が正しくされていれば非常に安全性は高いのです。

 

クリルオイル成分がある南極オキアミが取れる南極海では、汚染されていない海域になるので化学汚染などの影響が受けにくいので、安心で安全な生物になります。

 

動物プランクトンである南極オキアミでは、食物連鎖でいうと下にいるので大きな生物が食べる生物を捕食していくと化学物質などの有害物質での濃度が高まっていくといった心配もないのです。

 

クリルオイルには特には副作用での危険性は報告はありませんが、アレルギーを持った人、特には魚介類でのアレルギーがある人ではこのクリルオイルでの摂取は控えたほうがいいでしょう。

 

またクリルオイルの成分には、血液をサラサラにしてくれる効果が期待できるので、手術や病気などにおいては血液をサラサラにしてはいけない状態の方もいるので、必ず服用したい場合には医師に相談してからにして下さい。